■プロフィール

noharadesu

Author:noharadesu
一見おとなしそうに見えるが内面に気性の激しさを秘めている。
しかし顔つきはおとなしそうに見えるのでどこへ行ってもなめられまくり。
そして最後に爆発 というパターン。

初見の方はこちらのURLへどうぞ
 http://noharadesu.blog27.fc2.com/blog-entry-1.html

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■フリーエリア

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
   地震の時の様子
DMM.com DMMポイントオークション
書く順番が逆になってしまうが、どうしても大地震以降の出来事を先に書いてしまいたいので書く事とする。
入社してから地震発生までにもいろいろな出来事が起きたがそれらはあとで書く事にします。


まだ慣れない職場でノロノロと作業をしていたのだが早出と残業をしているあの鬼教育係と時間帯が重なってしまった。
こいつ人間性は低いくせに会社の仕事だけは糞真面目にしている。

今回も半人前の俺を怒鳴ったり、馬鹿にしたりしながら一緒に作業をしていたのでもう最悪。

「おいっ!あそこに行ってあれを取って来いっ!」
「は?あれって何ですか?」

鬼の教育係は激しく怒りながら「バカヤロ!おまえここで何日働いてんだっ!? いちいち説明せんとわからんのかっ!!」

俺の頭を平手で殴ろうとしたその瞬間!

大地震発生!!

ドドドドドドドドー! グワッ ドカン グワン!!

威張り腐った鬼先輩の上に大きな棚が倒れた。
「ウギャアーっ!!」

断末魔の叫びとはこの事かっ?!

その重い棚は鬼先輩の体半分両脚に倒れかかって先輩は子供のように「お母ちゃーん!!」と泣き叫びながら水泳のクロールのように両手をバタバタさせてもがいている。 おいおいここはプールじゃねえんだぞっ。

まあ俺を罵倒しぞんざいに扱った天罰かもな。

鬼先輩 俺に向かって「おい、助けろっ」
こんな非常事態になっても威張り腐った命令口調かよ! マジムカつく!

俺「人に助けてもらう分際で 助けろ はないだろ、ものには言い方ってえもんがあるだろ!」
鬼先輩「じゃあ、助けて!」

俺「人に助けを請う時は敬語・丁寧語だろ、あん?」
鬼先輩「すみません、では助けて下さい、お願いします。」

俺「うーんまだまだ足りんなあ、お願いしますじゃなくて 致します を付けないと」
鬼先輩 もう泣きながら「わかりましたぁ、助けて下さーい、お願い致しますゥ」

いつもと完全に立場が逆転している! なんだか不思議な光景。
いくら憎たらしい鬼先輩教育係でも目の前で死にそうになっているのに助けないわけにもいかない。

「しょうがねえなあ」
俺は火事場の馬鹿力を発揮して鬼先輩の上に倒れかかっている重い大きな棚を持ち上げるのだった。

「早く出ろ!」
鬼先輩はホフク前進のような感じでなんとか抜け出るのだった。
「ホヨヨヨヨ、アウアウ、ハーヒー」
いつもは凄く偉そうにデカイ態度で威張りちらしている鬼先輩がなんとも情けない声を出すのだった。

「情けない声出してんじゃねえよ、早く避難しろっ!」
「はい、わかりましたァー、○○さん。」

あれ?この鬼先輩いつもは俺を呼び捨てで呼ぶのにさん付けだ!??
どうなってるんだぁ??

(この地震の救出劇をきっかけに奇跡が起きるのだったがその話はまた後日)


避難のために廊下に出ると停電! 非常灯だけが薄暗くついている。
しつこい揺れにフラフラしながら走って行くとあの面接の時の新体操準優勝美女が瓦礫の下になっているではないかっ!!

しかもスカートがめくれて下着が露わになっている!

でもこんな非常事態にじっくり鑑賞している場合じゃない。

これは絶対助けなければ!!

俺はさっきの何倍ものフルパワーを出して瓦礫をどかし始めるのだった。
なんとか、彼女を瓦礫の山から引きずり出したのだが、その時スカートが完全にはずれてしまいパンティー1枚の恥ずかしい姿になってしまった。

しかも彼女は半分意識を失っている。
どうやら瓦礫に圧迫されて呼吸困難になっているようだ。

そうだ、人工呼吸をしてやらねば!!

俺は昔救急救命講習で習った事を思い出し、彼女の口に自分の口を密着させて息を吹き込んだっ!!

必死に人工呼吸をしていると彼女は息を吹き返した。
「ブハッ! グホッ!」

美女の唾が俺の口の中に入った!!

「う~ん、まずい!」
いくら美女でもこんな時の唾はまずいもんだ。
しかし、まさか社内でこんな美女と唇を合わせるなんて予想だにもしていなかった。

その直後にドバーッ!! 

上の階の太い配管が破裂して大量の水が吹き出したっ!!
みるみるうちにその水は床を覆い水位が膝、太ももへと上昇して来るのだった!!

まさにタイタニック状態!!
そしてこのあとタイタニックのような救出劇が始まるのだったー!!

DMM.com DMMポイントオークション




スポンサーサイト


未分類 | 05:42:41 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
No title

ここまで妄想
2011-03-28 月 02:35:55 | URL | [編集]
うそくせ~
2011-08-08 月 14:52:13 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。