■プロフィール

noharadesu

Author:noharadesu
一見おとなしそうに見えるが内面に気性の激しさを秘めている。
しかし顔つきはおとなしそうに見えるのでどこへ行ってもなめられまくり。
そして最後に爆発 というパターン。

初見の方はこちらのURLへどうぞ
 http://noharadesu.blog27.fc2.com/blog-entry-1.html

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■フリーエリア

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
超絶不細工男
事務所に引きずり込まれた俺は警察の取り調べのように根掘り葉掘り訊かれるのだった。

その男満面怖そうな想で刻まれている。
それにもう3日以上も剃ってないと思われる無精髭をはやかし、鼻毛は一ヶ月も剃ってないのでは?!と思われるほど何センチも鼻の穴から飛び出していた。
まるでエノキがプラスチックの栽培瓶から飛び出しているようだ。

顔も不細工コンテストで優勝出来るほどひどい。
俺より不細工だ!Ww

その超不細工男は怒りと不審に満ちた表情で
「お前何しにウロウロしてたんだ? アン?
正直に答えないと建造物不法侵入で警察に通報するぞっ!!」

通報という言葉にビビった俺は思わず本当の事を言ってしまった。

「あのォ、こちらに〇〇さんという女性運転手は務めていますよね?」

「なにーっ?! お前あの女の何なのさ? まさか女のケツ追いかけて来たんかっ?!」
怖そうな顔をよけい怖くしながら怒り始めるのだった。

やべえ、本当の事を言うもんじゃなかった。
やばい状況になってきたぞ、なんて俺は馬鹿なんだ!

俺は恐怖にどもりながら「いえいえ、昔同じ職場で働いていたもんで、実はお金を貸していまして、
まだ返してもらってないので取りに来たんですよ。」

とまた訳の分からない言い訳をついてしまった。
恐怖で頭が混乱すると次から次と失言してしまう。

「いくら貸したんだ?」
「いいいい一万です。」
「フン、たったの一万円取り返すためにわざわざ
こんな所に来たのか?馬鹿が。」

超不細工男は続けた
「実はあの女は・・・・・」

このあとその男の口から信じられない言葉がーっ!!


スポンサーサイト
未分類 | 02:30:16 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。