■プロフィール

noharadesu

Author:noharadesu
一見おとなしそうに見えるが内面に気性の激しさを秘めている。
しかし顔つきはおとなしそうに見えるのでどこへ行ってもなめられまくり。
そして最後に爆発 というパターン。

初見の方はこちらのURLへどうぞ
 http://noharadesu.blog27.fc2.com/blog-entry-1.html

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■フリーエリア

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ポイントカード マジ勘弁 恐怖症になりそうだ!
もう年の瀬も押し詰まって来たので今までコンビニで起きたトラブルハプニングを順序不同・誤字脱字で書いて行こうと思う。

俺の働いているコンビニではポイントカードというのがあっていちいち客に聞くのも面倒だしこんなシステムうざいと思っていたのだが、客のほうにも快く思わない人も少なくない。

怖そうな職人風の客に
「ポイントカードはお持ちですか?」
客「・・・・・・」
「ポイントカードは?」
客ブチギレ「カード、カードっていつもうるせえんだよっ!! 何度も使わねえって言ってるだろうがーっ! いい加減客の顔覚えろっ! 馬鹿野郎!
それに個人情報登録してポイントカード作ったって
わずかしか割引にならねえじゃえかっ! 誰得?
とにかく早くレジ打てっ!」

で、今度は別の客にポイントカードの有無を聞かないでレジを打つと打ち終わってからカードを出しやがる。
「あのォ、ポインドカードはレジを打つ前に出して頂きたいんですけどォ。」
客またブチギレ「そんなら先にポイントカードのこと聞けよ、なに客に対して文句言ってんだよっ!」

聞けば怒られるし、聞かなくても怒られるしもう最悪。
俺はとうとうポイントカード恐怖症にかかってしまうのだった。

話はちょっと変わって糞店長が彼女と海外旅行に行っている間、店のナンバー2が取り仕切るようになった。

今まで店長がいたので小さくなっていたのだが、店長が不在になると本性を現しデカイ顔をして威張り出す
ようになってきた。

当然のごとく俺に対しては呼び捨て&命令口調
「おい、〇〇! ここに商品並べとけ!早くしろっ。
お前ただでさえ人の何倍も遅いんだからっ」

しかし、かわいいアルバイトの女子高生たちに対しては別人のように甘い口調と声色で
「ちーしゃみんちゃ~ん、これやっておいてねえ~、
まあそんなに慌てなくていいから、ゆっくりマイペースでいいからねえ~」
そしてミスを犯しても注意しない。
俺に対してはちょっとの落ち度も激しく怒るくせに。

何なんだこの極端な差は?! ふざけんな! マジむかつく!!

そのナンバー2俺より早く退社する時 はっきりしない発音で「おいっ、今節電モードなんだから外の電気〇〇消しておけよ。じゃあ、あとは任せたぞ。」と夜帰ってしまった。

この節電の件でまたまたトラブルがーっ!!




※拍手が0または1の場合は更新しないかも。

未分類 | 02:49:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
ふざけんなーっ!! 怒!
貧乏人の俺にとっては数千円のつり銭を返してもらえないだけでも痛い。
数日間忍耐強く店長が出店してくるのを今か々と待ち続けていたのだが一向に出てくる気配がない。

アルバイトの女子高生に「遠方に旅行って一体どこへ行ったんだ?」と聞くと信じられない言葉がーっ!

「あら、知らなかったの? 情弱ねえ。店長ならハワイへ彼女と婚前旅行よ。今頃水着の彼女と海でイチャイチャしてるんじゃない?」

「ふざけんなー!! 年末のクソ忙しい時に従業員のとこは働かせておいて自分は悠々と彼女とハワイ旅行かよ!!
 帰ってきたらただじゃおかねえーっ!!」

と俺は近くの商品のダンボール箱を蹴飛ばした。
ガシャン! 「ア?!」

蹴飛ばしたダンボール箱からショボショボと液体が流れ出した。

しまった!! そう俺が怒りに任せて蹴飛ばしたダンボールの箱にはクリスマスのシャンメリーが入っていたのだ。

「キャアー、何やってんの!! これクリスマスの為にさっき納入したばかりのシャンメリーじゃないのっ! こんなに何本も割っちゃって! こんなんじゃ商品にならないでしょっ、どうすんのよォ? あんたバカァ!?


明るく楽しいはずのクリスマスのシーズンが糞店長のせいで台無しだ。
節電モードで取り替えたばかりの低照度LEDランプが店内を暗く照らすのだった。



未分類 | 00:01:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
 ぎゃあ~~ やられたァー!!
買い物かごにいろいろな商品を山盛りにしたDQNを暫く監視していたのだが学校帰りの女子高生集団がキャピキャピしながら店に入って来た。
若い女の子たちが大勢入って来ると若い女性特有の
臭いで店の中が充満する。

その香りで俺が恍惚状態になっているとその隙を見計らってさっきのDQN客が買い物かごを持ったまま一気にダッシュして逃走!!

ギャア~やられたァー!!
俺は100m15秒7の鈍足で追いかけるのだった。
「おい、待て! ゴルァ!!」

俺は必死に追いかけるのだったが100m15秒7の鈍足じゃ追いつける訳がない。
みるみるうちに突き放されてしまい、逃げられてしまった。

勢い余って買い物かごから商品が一つだけ駐車場に落ちていたのだが拾って見るとエロ本「ザベストかわいい女の子のパンティー入り」だった。
あのDQNこんなのに興味あるのかァ。w

まあ逃げられたのだからしょうがない、俺はあきらめて
店に戻ったのだが、このあとがひどかった。

怒り狂った若造店長が「おまえ何やってんだァー!! どうして捕まえなかったァー?!あんなに盗まれちゃ店としては大損害だぞーっ! あの損害を取り戻すには何倍もの売り上げをしなければならないんだぞーっ!! 
テメエーッ!貴様ーっ!!」

とゴミを投げつけながら怒鳴り散らしすのだった!!

盗んだのは俺じゃないのにまるで俺が犯人扱いだ。
マジムカツク。

本当にむかついたので俺も負けじと
「なんで僕に対して怒るんですか?盗んだのはあの
不良じゃないですかっ!!」

と言うと店長の口から信じられない言葉がーっ!

「盗まれたお前が悪いっ!」

(俺は心の中で)はあ~?盗まれた俺が悪いだとォ?
この店長頭おかしいんじゃねえのかァ??
加害者より被害者の方が悪いって言うのか?

さらに店長は「とにかくお前に全額弁償してもらうからな。これから損害額を計算するからそこにつっ立って待ってろ!」
とパソコンでパチパチと計算し始めた。

「なんだこのDQNはァ、盗んだ商品の半数がエロ本ばかりじゃねえかァ、まったくイヤらしいなあw まあ若いからしょうがねえか。」

損害額の計算が終わると「ん?4545円!? なんじゃこの数字はァ?! いやらしい数字だなあw シコシコ円じゃねえかw フン、お前にピッタリの数字だ、払え!」

もうこんな馬鹿店長に何を言っても意味ないから俺はあきらめて渋々と財布から一万円札を出すと
「なんだお前、バイトのくせにえらい金持ってるじゃねえかw 釣りは5455円だな、ちょっと待ってぇ、 あ、ワリイ、ワリイ今細かいの持ってねえわ、明日つり銭持ってくるから取りに来いっ!」

「あのォ、明日僕は休みなんですけどォ。」
「バカヤロ、お前の家そんなに遠くないんだからつり銭くらい取りに来れるだろォ? 明日来なけりゃ払わねえぞ。」

なんだか嫌な悪寒。

俺は翌日休みの日だというのに面倒くさい気持ちにムチ打って店に未払いのつり銭を受け取りに行った。 
いつも俺の嫌な悪寒は的中するのだが今回も見事に的中!

明日取りに来いと言ったはずの店長がいないではないかっ!
やっぱりバックレやがった。畜生!

アルバイトの女子高生に聞いてみると小馬鹿にしたように笑いながら「あらァ、店長なら今日から遠方に旅行に行っちゃったから暫く帰って来ないわよォ。
つり銭もらえないならその分働いていったらどう?
今日バイトにくるはずの〇〇ちゃんが風邪で休んで来ないのよォ、 ちょっと手伝ってってよォ。」

と俺の服の袖をなめたような感じで引っ張りながら店の奥へと引きずり込んだ。
「さあさあ、早く着替えて!ほらお客さん入って来たじゃない 仕事 仕事!」

休みの日なのに俺は強制的に働かされるハメに!

仕事の出来ない俺はアルバイトの女子高生からは怒られるし、客からは文句を言われるしせっかくの休日が完全に潰れてしまった。
それにつり銭は返してもらえないわで正に踏んだり蹴ったりだな。(泣)

とにかく4545(シコシコ円)のつり銭返せーー!!

バカヤロー!!

未分類 | 16:51:42 | トラックバック(0) | コメント(2)
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。