■プロフィール

noharadesu

Author:noharadesu
一見おとなしそうに見えるが内面に気性の激しさを秘めている。
しかし顔つきはおとなしそうに見えるのでどこへ行ってもなめられまくり。
そして最後に爆発 というパターン。

初見の方はこちらのURLへどうぞ
 http://noharadesu.blog27.fc2.com/blog-entry-1.html

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■フリーエリア

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
警備員のおじさんからのプレゼント その1
最終日、上司や先輩に挨拶回りをしたのだが行く先々で暴言吐かれまくり。

最も多かったセリフが「お前なんかどこ行ったって使い物にならねえわなw」だった。

まあその時の様子を詳細に書くと長文になってしまうので割愛する。

で、最後の素晴らしい出来事についてだが分割して書いて行こうと思う。

今回この工場は嫌な奴らばかりだったが守衛室の警備員の一人のおじさんとは馬が合い、いつも仕事帰りに守衛室の窓口で他愛もないお喋りに花を咲かせるのが日課だった。

その白髪混じりの初老の気さくなおじさんと話をするとストレス解消になり、それもあって何とかこの地獄の工場の仕事も何週間も続けてこれたのだ。

(いや、これが素晴らしい出来事ではないぞ。話を最後まで読め。)

今日が最終日だったので俺も普段よりのんびりとお喋りに花を咲かせていた。
「おじさーん、実は俺今日でこの会社辞めるんだ。」

「えーっ!? 辞めるんかい? まあでもこんな糞工場辞めるのが正解だよ。わしも何年間もこの守衛室で人の出入りを見てきたけど何人辞めて行ったことか
実はわしも今月いっぱいで辞めるんだ」

「えっ!おじさんも辞めるんですかァーっ?!
じゃあ辞めたあとどこへ行くんですか?」

「ハハハわしゃもう年金貰える年だから大丈夫なんだ。
あんたはまだ若いんだからもうこんな糞工場辞めて
もっといい所へ行くんだな。」

「あ、そうだ今日が最後なら中に入ってお茶でも飲んで行きな。」

「ハハ、そうですね、ではお邪魔しまーす。」


その気さくな警備員のおじさんがお茶をくみに行っている間、ふと他の警備員たちの様子を見ると・・・

今にもヨダレが垂れそうな笑みを浮かべながら監視モニターをガン見しているのだった。

ん?一体何を見ているのだろう?

俺もその防犯用監視モニターを見てみるとそこには信じられない激ヤバ映像がーっ!!


スポンサーサイト
未分類 | 01:44:37 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。